REALTIME CREATION[株式会社リアルタイムクリエーション]-- RENOVEST - リノベーション事例

RENOVEST

リノベーション事例

renovest浅草

浅草寺から徒歩4分、江戸情緒あふれる街並の一角に存する昭和55年築の鉄筋コンクリート造4階建の建設会社使用ビルを取得し、デザイナーズ住宅へリニューアル再生いたしました。

事務所と和室で構成されていた1Fは洋室とサニタリー・ユニットバスを配置。サニタリーの隣には大型の収納スペースを設けました。1Fの空間は湿度が高いので玄関の壁に調湿効果に優れたエコカラットを施工しました。2Fは中央の階段前のキッチンスペースを挟んでフロア全体をLDK空間に設定。3F、4Fは中央の階段から東西にそれぞれ洋室2部屋ずつに振り分けた、現状の設計を活かした無駄の少ない合理的なレイアウトです。
建物の中央部に位置する階段スペースは光の反射度合で時間の変化を感じ愉しめるよう渋めのシルバー色塗装で仕上げ、建物内部全体がレトロ風でありながら少し近未来的な不思議感覚を味わえるように意識しました。外観のレトロ調レンガタイルとあいまって、歴史のある建造物のような風格ある味わい深い佇まいが個性的です。窓ガラスは冷暖房等の省エネ効率を高め防音効果も併せ持つペアサッシを建物全体に用いております。

renovest浅草 Before After

renovest押上文花

重量鉄骨造3階建店舗付住宅を素材に、もともとの堅固な躯体を活かした2世帯居住対応可能なガレージ付きデザイナーズ住宅として蘇生させました。
店舗となっていた既存建物の1階部分をビルトインガレージに変更し駐車スペースを確保、1階奥側の部屋はガレージ(外部)にも階段(内部)にも直接アクセスできる、下町ワークスペースのようなファジーなスペースを想定しキッチンを設置、2世帯や自営業のお客様にも対応できるようにしました。既存の躯体構造は想像以上に状態が良かったのですが、念のため屋上の防水・屋根下の断熱を施しました。同時に、外壁の塗装も色彩を変えて吹付け、デザインを一新しました。建物の中央部に鉄骨階段が配置され、縦(上下)に貫く階段の両側に居住空間が振り分けられる配置でしたので、2Fリビング空間は階段室の両サイドをガラス張りにして視線の抜けを意識しました。鉄骨住宅は耐力壁を気にせず思い切ったプランが実現できるのが利点です。リビングの中央にガラス張りの階段室があり、リビングからガラス越しに階段がオブジェのように見える内部デザインはこの建物独特の面白さがあります。ちなみに、押上に近い立地ですので、3階の南側バルコニーから西方に望む建設中のスカイツリーは整合感があり絶品です。

renovest押上文花 Before After

renovest川口宮町

平成8年築の木造(一部鉄骨造)店舗付住宅をフルリノベーションし、新しくデザイナーズ専用住宅として再生させ新しい生命を吹き込みました。
1Fは大きな店舗スペースとバス・トイレ等水周りのみで、駐車スペースはありませんでした。2Fはリビングと開き戸から2部屋に分かれた使い勝手の悪い配置となっておりました。
まずは専用住宅として玄関と駐車場を設ける必要があり、門型のガレージ開口を設けるために躯体構造に高強度コンクリートや柱を追加し補強を加え1F店舗部分をビルトインガレージ兼玄関ポーチとしました。2Fはキッチンとリビングを引戸でつなぎ、リビングと洋室2室とを引戸で間仕切り、床にはキズに強い高品質のフローリングを全面に敷いて、回遊性のある一体空間的なオリジナルのプランにしました。2Fは各部屋がすべて引戸でアクセスでき、小さなお子様やペットが走り回れるプランとしたのです。もとの建物は建蔽率が僅かに法規制の数値を超過し、「既存不適格建物」となっていたので、超過面積相当について建物の一部を部分的に解体して減積し、建築面積の超過状態を解消しました。工事完了後、法務局に建物の表示変更の登記申請を行ない、建物の用途を店舗→居宅へ変更し住宅へのリニューアルが完了しました。

renovest川口宮町 Before After

ページの先頭に戻る